薄毛の治療には自毛植毛が最も効果的となっています

毛根から

頭を抱えている男性

頭皮の部分も一緒に

薄毛の人、ハゲの人が増えています。最近はストレス社会と言われるくらい、人々が心にものをためこみやすい時代。その結果が、男女問わず薄毛やハゲという結果に現れるという事例は、数多く見られます。
最近では、ハゲは中年以上のオジサン、オジイチャンの悩みではなく、老若男女すべての人の悩みになろうとしているのです。
自毛植毛は、そんな状況の中でも、特に「効く」と評判の植毛方法ですが、その評判を実感するには髪の構造について知っておく必要があります。
自毛植毛は単なる植毛とどう違うのか、それをハッキリさせるためには、まずは「髪と頭皮」のことについてよく知らなければならないのです。
自毛植毛が良い評判を得ているのは、植えるための髪を丈夫な側頭部や後頭部から取るという方法をとっているからです。このとき、髪の毛本体だけでなく、髪を生やし育てる毛根の部分も同時に取るのが、自毛植毛のミソです。

毛乳頭とともに

髪の毛と一緒に抜かれ、植えられるのは「毛乳頭」という部分です。これは、毛の根もと部分である「毛根」のさらに下にあり、毛根から毛の先へ、栄養をいきわたらせてくれる組織。
この部分ごと毛を取り、それを植え直すというのが自毛植毛であり、栄養分を取り込む部分もついてくるからこそ、植え込んだ毛はもともと生えていた場所でそうだったのと同じようにすくすくと成長してくれるのです。
評判の良い育毛クリニックでは、毛乳頭もろともの毛の採取をしっかりと行い、しっかりと植える技術を確立しています。